リハビリ勤務を終えて通常勤務が始まった

うつになった経緯、前回からの続きです

2008年2月

1ヶ月の午前勤務(リハビリ勤務)を終えて、通常勤務になった。

初日。

僕と、僕の所属する部の役員、部長、課長、それに看護士と総務部長、という人達で今後の打ち合わせをした。

総務部長からは、
「無理をしないで、精神的に疲れない仕事をした方が良いのではないか?」
と言われ、
「もし、また休むことになったら、今度は所属部署の移動を強制的に行う
というキビシイ言葉があった。

役員からも
「今後もあなただけを特別扱いにすることは出来ない。
そのうち、残業も増えるし、プレッシャーのかかる仕事も回すだろう。
それに耐えられるのだろうか?」
と言われた。
これもキビシイ言葉であった。

僕は、少し しどろもどろになりながらも、用意していた言葉を言った。

「私はこの仕事が気に入っています。
再発の恐れがないとは言えません。でも、他の部署に行っても違うストレスは起きると思います。
であれば、一部の人間関係は出来ている今の職場に戻って、今までと同じ仕事を続けたいと思っています。」
と伝えた。

看護士の方のフォローもあって、
【今の職場で、直近はあまり負荷のかからない仕事をして、残業を出来るだけしないカタチで勤務をしてみる】
ということになった。

正直に言えば、もうこんなストレスフルな職場で働きたくはなかった

でも、幼稚園生と小学生の子供をもつ僕が、ここで立ち止まるわけにはいかなかったのだ

残業・出張も特に制限しないことになった。

こうして通常勤務が始まった。

※サイト再構築のため、2015年6月に記事を再投稿しています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 「いいね」のかわりにクリックいただけるとうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*