とにかく寝る

うつ病と診断され、2ヶ月の療養休暇が決まったその日から3週間、
僕は、毎日15時間くらい寝ていました。

もう眠くて眠くて、
(なんでこんなに眠いんだろう?)
(なんでこんなに眠れちゃうんだろう?)
というくらい寝ていました。

朝は7時に起きて朝飯を食べる。
9時から12時まで寝る。(3h)

昼に起きて、昼飯を食べる。
15時頃~18時頃まで昼寝。(3h)

夕方に起きて、フロに入って、夕飯を食べる。
20時くらいに子供とベッドで話しながら寝ころがる。
子供が寝たら、自分の部屋に行き、自分のフトンで本格的に寝る。
22時から朝7時まで寝る。(9h)

3週間くらい、こんな生活でした。

(もうこのままダメ人間になっちゃうかなぁ)という頃に、そんなに眠くなくなりました。

とても体が疲れていたんだと思います。
抗うつ剤のおかげでよく眠れたのかもしれません。

まずは、寝ましょう。休みましょう。
うつのヒトは、脳も体も疲れているんです。

※治療に当たっては、必ず心療内科・精神科の専門医に相談してください。

※サイト再構築のため、2015年7月に記事を再投稿しています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 「いいね」のかわりにクリックいただけるとうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*