復職後1ヶ月 きっともう大丈夫だ・・

うつになった経緯、前回からの続きです

2008年3月

復職後、1ヶ月が過ぎすと、なんとかやっていけそうな感じになった。

気分の浮き沈みはある。

でも、沈んだときは「死んだフリ」をしていた。

(なんとかしなきゃ)
(ここでがんばらなきゃ)
という場面が何度かあったけど、ダメなときは「死んだふり」をしていた。

休職以前は、
「残業してでも、今日はここまでやらなきゃ」
という状況では、22時~午前様まで仕事をしていた。

でも、復職後は、そんな時でも定時に帰るようになった。

トラブルが起きても、明日でも何とかなりそうなときは明日に延ばした。

(信用がなくなるだろうなぁ)
(責任感の無いヤツと思われるだろうなぁ)
と何度も思ったけれど、その分、仕事は休まないようにした。

ギリギリまでがんばってしまって、急に仕事を休んで信用をなくすよりも、毎日休まずにコツコツと仕事をこなす信用の方が、そのときの自分には大切だったのだ。

半年が過ぎても、仕事でテンパってしまうような時は、顔がカーッと熱くなって気持ちの悪い汗をかく時が何度かあった。

(あぁ、またあの時のイヤな感覚だ・・)と心の中で思う。

でも、その状態は長く続かなくなった。

クスリのおかげかもしれない。

自分が変わったからかもしれない。

でも、「きっと もう大丈夫だ」

このときは、そう思っていた。

※サイト再構築のため、2015年7月に記事を再投稿しています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 「いいね」のかわりにクリックいただけるとうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください