仕事が手につかない・・

うつになった経緯、前回からの続きです

2007年の春、

調子が悪くなりだしてから、仕事にも大きく影響が出てきた。

●仕事で少し難しい部分があると、もう自分の力では出来ないと思い込んでしまう

●職場で話すことが減り、無口になっていく

●仕事の悩みや、わからないことを同僚や上司に相談せず、自分で抱え込んでしまう

●相談しないで溜め込んでしまうので、積みあがった仕事の残りが増えて、処理が出来なくなる

●焦りばかりが出てきて、仕事の優先順位もつかなくなる

●職場にいることがツラくなり、「逃げ出したい」と思うことが多くなる

●朝起きるのがツラくなる

●実際に仕事を休んでしまう

●仕事はたまっていく

(仕事が手につかない・・、ダメだ・・)
 
 
nayami
 
 
2007年の9月頃から、さらに調子が悪くなってきた。

●上司から叱責されることが多くなった。

●叱られることを恐ろしいと感じ始めていた。

気分が落ち込む
→自分はダメだと思う
→自信がなくなる
→仕事が進まなくなる
→仕事がたまる
→叱責される

→自分はダメだと思う
→自信がなくなる
→仕事が進まなくなる
→仕事がたまる
→焦る
→仕事が進まなくなる
→仕事がたまる

→逃げ出したくなる
→会社を休む
→仕事がたまる
→自分はダメだと思う
→気分が落ち込む

こんな感情がうずまいてしまっていて、まさに「悪循環」だった。

今思えば、

「何で相談しなかったんだろう?」

「何で自分はダメだと思っちゃったんだろう?」

「何をアセッていたんだろう?」

「何で怒られるのが怖かったんだろう?」

と思うのだが、このときは、どうしようも無かったのだ。

(このままだと壊れる)と思った僕は、心療内科の病院に行くことを決めた。

※サイト再構築のため、2015年6月に記事を再投稿しています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 「いいね」のかわりにクリックいただけるとうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク