あ、オレ もうダメだ・・

うつになった経緯、前回からの続きです

2007年9月、

調子が悪くてコワれてしまいそうだったので、心療内科を受診することにした。

なかなか、決心がつかなかったのだが、妻に、
「病院に行ってみようと思うんだけど・・」と話したら、
「その方がいいと思うよ、すぐに行って」と勧められた。

精神状態のアンケートに答え、血圧を測ったりしてから、診察が始まった。
先生と15分くらい会話をして、今の状況を話すと、『軽いウツ状態です』と診断された。

その時は仕事が忙しい状態ではなかったので、とりあえずクスリで治していくことになった。
抗うつ剤を飲めば、すぐに効きめはないけど、次第に元気になってくるとのことだった。

それから、抗ウツ剤を飲みながら、日々の仕事をこなしていった。
抗ウツ剤は効いている気がせず、そんなに元気にはなれなかった。

2007年10月、上司との面接があった。

軽いウツ状態で心療内科に通院していることを打ち明けた。
「あまり悩まずに何かあったら相談してくれ」と上司には言われた。
クスリは続けて飲んでいたが、あまり変化は無かった。

nayami5

2007年11月半ば、週末に風邪をひいてしまい、ノドが痛かったので月曜日に会社を休んだ。

次の火曜日、風邪は治っていたが、精神的に
「行きたくない」
という気持ちが強く会社を休んだ。

次の水曜日は出社したが、手に大量の汗をかき、心臓がドキドキし始めた。
午前中は、仕事がまったく手につかない状態だった。

「顔色悪いけど、大丈夫ですか?」と後輩から声をかけられた。

その時

(あ、オレ もうダメだ・・)

と思った。

(もう、この場所にいることに絶えられない)

具合が悪いので、通っている心療内科の病院に行きたい、と上司に伝えた。
了解をとって、そのまま病院に行った。

顔を見るなり、先生から「あぁ、体が悲鳴をあげているね」と言われた。

※サイト再構築のため、2015年6月に記事を再投稿しています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 「いいね」のかわりにクリックいただけるとうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク