うつ病で休職する(2)

うつになった経緯、前回からの続きです

2007年11月

うつ病のため、2か月間休職することになった。

2ヶ月の休暇が決まったその週も、ひたすら寝ていた。

こんなにも眠れるものなのか、と思うほど寝ていた。
1日16時間くらい寝ていた。

●朝は7時に起きて、朝飯を食べる。

●子供を学校の集合場所まで送る。

●8:30から寝る。

●昼過ぎに起きて、昼飯を食べる。

●テレビを見たり、ビデオを見たり、漫画を読んだりする。
(本・新聞は読みたくなかった)

●3時頃に子供が帰ってくるので、自分の部屋で漫画を読む。
(子供の勢いについていけなかった)
(このタイミングで寝てしまうことが多かった)

●夕方、起きて、フロに入って、夕飯を食べて、テレビを少し見て、
 20時くらいに子供とベッドで話しながら寝る。

●子供が寝たら、自分の部屋に行き、自分のフトンで寝る。

こんな生活が、2週間くらい続いた。

子供達は、なんで平日に父が家にいるのか不思議そうだったが、
(とりあえず、よくわからないけれど喜ばしいことだ)
と思っているようで、毎日一緒にお風呂に入れるのがうれしいようだった。

妻は、前にも僕がウツ状態になったことがあったので、あまり心配はしていないようだったが、僕に対してどう接するのが一番良いのかが、わからないようだった。

毎日夫が家にいるのはイヤなんだろうなぁ、と思ったので、「気にせず どんどん買い物や外に出かけてくれ」と頼んでおいた。

会社を休むことで、僕が家でイライラしたり、落ち込んだりすることはなくなっていたので、それはうれしいようだった。

※サイト再構築のため、2015年6月に記事を再投稿しています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 「いいね」のかわりにクリックいただけるとうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク