鬱病での休職期間中(4)

うつになった経緯、前回からの続きです

2007年12月

うつ病での休職から1ヶ月くらい経ち、平日に何度か妻とランチに行った。

平日の昼間に外で食事するのは、なんだかすごく贅沢な気がした。
家にいるときよりも会話が増えたし、美味しいものを食べることが気分的にも良かった。

休みの間、子供とのコミュニケーションが増えたのも良いことだったと思う。

毎日、一緒にオフロに入ったし、余裕を持って笑顔で接することが出来ていた。
子供もゆったりした生活をしている父に対して話しやすかったのだと思う。

特に次男くんとの関係が良くなった。
休む前は、言うことを聞かない幼稚園児の次男くんを叱ってばかりいたのだ。

夜は、20時にベッドに入って、3人で「古今東西」という言葉遊びを毎日していた。

復帰して、会社が通常勤務になってからは、帰って来て、フロに入って、晩飯を食べて、犬の散歩をして帰ってくると、21時くらいになってしまい、子供達は寝てしまっている。

少しさびしい。

本当に豊かな生活というのは、家族と接する時間が豊富なことなんだろうな、と思う。

※サイト再構築のため、2015年6月に記事を再投稿しています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 「いいね」のかわりにクリックいただけるとうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク